貸金業法の改正で変わったこと

MENU
RSS

貸金業法の改正で変わったこと

消費者金融を含む貸金業者を規制する法律である貸金業法は、段階的な施行を経て、2010年に改正貸金業法を完全施行されました。これによって、貸金業者が取り扱える商品が変更されただけでなく、利用者にとっても大きな変化が起こったのです。

 

・最大の変化は総量規制

総量規制とは、借り入れできる総額が年収の3分の1までと決められている法律です。借り過ぎを未然に防ぐという目的で決められているものです。しかし、利用者によってメリットがある貸し付けとなると、例外などもあります。とにかく借りる側が安心して利用でき、返済能力を超える額を借りられないようになっているのです。

 

・収入証明や配偶者の同意など

貸金業者からの借り入れでは、50万円を超える場合は必ず収入証明書を提出しなければなりません。また、すでに貸金業者から借り入れをしていて、その金額と新たに借りる予定の金額を合計した際に100万円を超えるなら、その場合は新たな借り入れが50万円を超えない借り入れでも収入証明書が必要です。また、専業主婦(夫)の方は、配偶者の同意が必要になりました。基本的に大手消費者金融では、本人収入がある方しか申し込みができなくなっています。確実に返済できる額を消費者金融が必ず把握すること、これで借り過ぎなどを防いでいるのです。

 

・個人信用情報が必ず登録される

消費者金融大手の口コミを見てみても、消費者金融に申し込みをすると、「信用情報機関に登録内容の照会をすることを同意するか。」といった確認を取られます。貸金業法改正前では、貸金業者は信用情報機関への加入は任意でしたが、改正後は必ず加入し信用情報を使用する必要があります。これは、過剰な貸付を防ぎ借入残高を正確に把握するために行なわれるものです。また、指定されている信用情報機関は2つありますが、その情報は交流されています。「違う消費者金融だから、また借りられる。」ということには絶対にならないのです。

 

他にも上限金利や、個人事業主の貸し付けなど細部に至るまで、貸金業法は利用者が安心して申し込みができるような環境を整えるのに大きな役割を果たしています。これまで消費者金融をあまり使ったことがない方も、不安なく利用できるようになっているのではないでしょうか。

どうして消費者金融は使いやすい?

現在消費者金融は、使いやすい金融商品を扱う代表格と言ってもよいでしょう。個人向けのローンやキャッシングでは、その利用しやすさが目立っているのです。どうして消費者金融が使いやすいと感じるのでしょうか。

 

・ローンスペック

消費者金融は、現在では金利の高いローンを扱うことはなくなっています。それは法律によって上限金利が定められていることによるものです。限度額も大きなものが増えており、300万円、500万円といった大型のローンも見つかりやすくなっています。金利が低いこと、限度額が十分な事というのはキャッシングやローンに求める第一条件ですよね。この点からも消費者金融は使いやすいということは間違いないでしょう。また、ローンスペックによって様々な目的に対応しやすいというのも大きな特徴となっているのです。まとまった利用にも、少しだけ借りたい時にも対応できるローンとなっているため使いやすいと多くの方が感じるのです。

 

・安心感

どれほどすばやく借りることができても、また必要な金額を借りられたとしても、違法な業者からでは意味がありません。残念なことですが、違法な金融業者が全くなくなったわけではないですから、十分に注意して申し込みをすることが大切です。消費者金融ではその安全性を二重、三重にしてチェックすることもできます。まず、その消費者金融の名前だけを検索すれば、サイトなども確認できそこで安全性がわかります。さらに金融庁のサイトからも安全な業者かどうかを確認することができます。他にも日本貸金業協会のサイトでは悪質な業者を探すこともでき、確実に安心して申し込みできる金融業者を見つけられるようになっているのです。

 

・全国どこから利用しても同じ条件

大手消費者金融を中心に全国的に展開しているため、どこから申し込みをしても同じ金利で利用できます。消費者金融では、ネット申し込みや誰にも会わずに契約できる自動契約機等も特徴的ですね。自動契約機は全国に設置している消費者金融も多く、お近くで手続きを済ませることができます。ネットで申し込みをしてから自動契約機にカードを受け取りに行く、といった方法も、大手消費者金融への申し込みならどこにお住まいの方も可能ですよ。

 

このように消費者金融の使いやすさは、様々な点に渡っています。また、初めて申し込みをする方でも、分からない点がフォローできるように、メールや電話などで疑問を解消することができます。